読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先日、ドラマの武将が、家臣にこんなことを問いかけていた。「この世に生きた証を残せたのだろうか」と。この武将は、かの有名な真田幸村である。

 

真田幸村は、日本一有名な戦国武将とも言える。その真田幸村が生きた証を残したとも言える戦いが、大坂夏の陣である。戦国時代最後の大戦であった大坂夏の陣は、江戸幕府を開き天下人となった徳川家康と、豊臣秀吉の息子である、豊臣秀頼の戦いである。真田幸村は、この戦で、徳川本陣に三度の突撃をし、徳川家康を追い詰めたのである。徳川家康は、真田幸村の突撃に恐れをなして、何度も自害しようとした。それを家臣が引き止めたと言われている。ここまで徳川家康が追い詰められたのは、三方ヶ原の戦い以来であると言われている。真田幸村は父である昌幸の主君である、武田信玄に一瞬でも肩を並べたとも言える。

 

僕は、この戦いがなければ、今ほどに真田幸村という名は、今の世に残っていなかったと思う。

 

大坂夏の陣が開戦したときはもう、豊臣方に勝ち目はなく、ほぼ負け戦であった。その負け戦で、最後まで諦めずに戦い尽くし、徳川家康の首をかすめた。これがなければ真田幸村は、単なる忠義者として語られていたと思う。

 

最後の最後まで忠義を尽くし、戦い抜いた真田左衛門左幸村は、この世に生きた証を残すことができたのである。

 

真田幸村の最期は、戦いに疲れ安居神社で休息を取っていたところを、徳川方の武将に討たれたと言われているが、大河ドラマ真田丸」では、襲われたところを返り討ちにし、自害したことになったいる。「もはやこれまでか。」と佐助に介錯を頼み首をもたせたのである。これは、真田幸村が最後の最後まで諦めずに戦い続けたことを表しているのだと思う。真田幸村が討ち取られたと知られれば、士気は一気に下がり、奮闘している毛利勝永などに影響が出ると考えられるからだ。

 

真田幸村は最期まで戦い抜いたのであった。

誇り高く生き、誇り高く死んでいったのであった。