読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先日、ドラマの武将が、家臣にこんなことを問いかけていた。「この世に生きた証を残せたのだろうか」と。この武将は、かの有名な真田幸村である。

 

真田幸村は、日本一有名な戦国武将とも言える。その真田幸村が生きた証を残したとも言える戦いが、大坂夏の陣である。戦国時代最後の大戦であった大坂夏の陣は、江戸幕府を開き天下人となった徳川家康と、豊臣秀吉の息子である、豊臣秀頼の戦いである。真田幸村は、この戦で、徳川本陣に三度の突撃をし、徳川家康を追い詰めたのである。徳川家康は、真田幸村の突撃に恐れをなして、何度も自害しようとした。それを家臣が引き止めたと言われている。ここまで徳川家康が追い詰められたのは、三方ヶ原の戦い以来であると言われている。真田幸村は父である昌幸の主君である、武田信玄に一瞬でも肩を並べたとも言える。

 

僕は、この戦いがなければ、今ほどに真田幸村という名は、今の世に残っていなかったと思う。

 

大坂夏の陣が開戦したときはもう、豊臣方に勝ち目はなく、ほぼ負け戦であった。その負け戦で、最後まで諦めずに戦い尽くし、徳川家康の首をかすめた。これがなければ真田幸村は、単なる忠義者として語られていたと思う。

 

最後の最後まで忠義を尽くし、戦い抜いた真田左衛門左幸村は、この世に生きた証を残すことができたのである。

 

真田幸村の最期は、戦いに疲れ安居神社で休息を取っていたところを、徳川方の武将に討たれたと言われているが、大河ドラマ真田丸」では、襲われたところを返り討ちにし、自害したことになったいる。「もはやこれまでか。」と佐助に介錯を頼み首をもたせたのである。これは、真田幸村が最後の最後まで諦めずに戦い続けたことを表しているのだと思う。真田幸村が討ち取られたと知られれば、士気は一気に下がり、奮闘している毛利勝永などに影響が出ると考えられるからだ。

 

真田幸村は最期まで戦い抜いたのであった。

誇り高く生き、誇り高く死んでいったのであった。

真田丸最終話。

大河ドラマを最初から最後まで見続けたのは初めてのことである。真田丸は、戦国武将である真田昌幸の息子。皆も知っている真田信繁(幸村)を主人公とした大河ドラマである。信繁は、大坂夏の陣で一躍有名になった武将である。私は、真田昌幸、信繁の親子は戦国時代の中でも何より好きな武将である。

真田丸は、父から子へと受け継がれるものの大切さが分かるような物語であったと思う。

 

信繁の父である真田昌幸は、戦国時代を巧みに生き抜き、「表裏比興の者」と称された優れた軍略家である。昌幸は、父から受け継いだ真田の家を守り抜き、国衆から一大名へと導いた名将である。この父から受け継いだ「策」が真田丸のキーになり、信繁は、最後の戦いである大坂の冬の陣・夏の陣で、父から受け継いだものを遺憾なく発揮し、破竹の勢いで敵勢を打ち破ったのは有名な話である。

 

その信繁も、父になったわけだが、信繁の子である大助にも、信繁から受け継がれたものがある。大助の最期は、豊臣秀頼の自害を見届けた後、自害したと言われている。大助は、大坂夏の陣で真田勢が劣勢になると、大阪城に戻った。大助は、その前の戦いで足を負傷しており、信繁に「大阪城に戻り、秀頼公をお守りせよ」と命を受けた。その命に従い、秀頼公の最期を見届けた。自害する2日前、大阪城からの脱出を勧められたのだが、それを拒否し、最期は鎧を脱ぎ捨て自害したのであった。それを見た周囲の者からは、「さすが武士の子」と賞賛を受けたのであった。父の背中を見て育った大助は、武士として見事に果てていった。

 

信繁も大助も、偉大な父のように史に名が残るような立派な最期であったと言える。真田左衛門左信繁、日本一の兵であった。

 

はじめました。

先日Twitterのタイムライン(TL)を見てふと思った。ツイートとは、独り言なのではないか。

 

Twitterの使い方は、人それぞれである。何気ない日常をツイートしている人もいれば、自分が面白いと思ったことばかりツイートしている人もいる。フォロワーを増やそうと、人の興味を引こうとするようなツイートをする人もいれば、誰に当てたものでもない愚痴をツイートしている人もいる。Twitterの使い方は千差万別であり、何をしようが勝手である。

 

Twitterの機能として、「いいね」という機能がある。これは、ツイートに対して共感したり、何か思うことがあったり、はたまた単なる既読感覚として押される不思議な機能である。私はツイートに対して「いいね」が押されたの数の多さを競っている者たちがいるということを知っている。今では廃れてしまった文化であるが、今もなお、押された数の多さを競うような思考を持っている化石のような人間がいてもおかしくはないと思っている。この「いいね」を押した人間は、ほぼ確実に「いいね」を押したツイートを見ていると言えるが、ツイートをした本人は、「いいね」を押した者へと必ずしも問いかけているわけではない。大多数は、別に誰に言ったわけでもないどうでも良い独り言なのである。

 

「いいね」を押した者はほぼ確実にそのツイートを見ていると言えると、先ほど述べた。たしかに見てはいるのであるが、ほとんどは心には留めていないと思う。「いいね」をしたツイート全てを受け止めている人は果たしているのだろうか。大半の人間は、そのツイートのことなど、少しすれば忘れ、話題に上ることがなければ、死ぬまで思い出すことはないと思う。ツイートが独り言でないのならば、必ず誰かの心には残り続けると思う。誰にあててもなく、誰も覚えていないツイートは独り言なのだ。ツイートとは、誰かが見ているようであり、誰も見ていないのである。Twitterとは独り言の塊である。

 

このブログも、所詮は独り言であり、「大きな独り言」というブログタイトルからかけ離れ、誰も見ていない「小さな独り言」なのである。この独り言をインターネットに残し、数年後見返してみると自分の黒歴史になるというのは、ブログのお約束である。だが、黒歴史になってもいいから自分の独り言を聞いてほしいのである。誰に聞いてほしいわけでもなく、誰に聞かれたいわけでもない独り言を聞いてほしいのだ。これもまた、僕の大きな独り言なのである。